記憶図鑑

気ままに更新。誤字脱字はスルーしてお読み下さい。

最近よくはてブロ書いてるね

 

24魂円盤見たよ

 

まずひと言。

超~~~~~~~~~~~~~いい...

 

 

今まで見たDVDの中で1番感動した。

なにわ侍よりも感動したかもしれない。あれは現実とはいえ演技だからね。

ジャニストの“幸せ”がこんなに詰まってる円盤って後にも先にもないんだろうな、とか思ったりもするくらい最高。

ジャニストを応援してきて本っっっ当に良かったと思いましたね。

 

 

私は彼らを関ジュ時代から応援してるけど、実際に松竹座に足を運んだことはなかったのよ。この24魂が私の初大阪遠征で。

だから、無理してでも24魂を観に行って良かったなって。

その中でも一番の理由が、淳太くんも言ってたけど、関ジュ時代に一度も観られなかったのをずっと後悔してたからなのよね。

現場に行ったのって、なにわ侍かなにともからなんだよなー

だから、私は淳太くんに心から感謝しています。

本人にはこの気持ちを伝えられないと思うけど、自己満足のためだけにこの場を借りて伝えます。

 

淳太くん、関ジュ時代コーナーを提案・実行してくれてありがとう。

 

 

 

...24魂、友人は皆行けなかったからぼっちだったけど、宇宙一最高の時間だし空間だったな~~~

って円盤見て改めて思いましたね、はい。

 

私は24日に入ったから、それこそ初ドームの初公演を観たんだけど、まあ凄かったわけ。

ジャス民も凄かったし、ジャニストも凄かった。

信頼関係と表すのが適しているのかなー。ジャニストは始まるまで埋まるのかが心配だったみたいだけど、心のどこかで絶対埋まる確信を得ていたんじゃないかと思います。

それはジャス民も同じで、追加公演があるとはいえ期待と不安を抱えていたのではないかと。

私も行きのヤコバでまともに寝られなかったし(笑)

 

 

そうそう、円盤のメイキングで楽屋のモニターから会場の様子を見て「これオレンジじゃない!?」ってはしゃぐ照史を守ってあげたくなりましたね。

挨拶で照史が言った「のんちゃんを守りたい」っていうのは“同じメンバーとして切磋琢磨し合いながらも成長の手助けをしたい”っていう意味なんだろうけど、私にとってその照史を守ってあげたいっていうのは“会場でオレンジの光を灯しつつもずっと成長を見守りたい”って意味なのよね。微妙な差だな~~

少なくとも、メイキングだけであんなに泣いたのは初めてですね。JEたん編集上手いな

あとメイキングの後そのまま公演の様子がきたのはびっくりした。24日の挨拶も。私はメイキングから見たから、本編に入る前に何となくイメージが湧いたというか、重岡担だからあの挨拶を先に見ちゃったのが何とも言えない...( ˙ ꒳ ˙ )まあ自分の注意不足だからいいんだけどね。

 

 

今後もし東京ドームとかでコンサートすることになったら、是非ばどは紫の衣装(2人で合わせてハートになるマークは絶対どこかで見たい)でV.I.P.、濱ちゃんは黒の衣装で轟-go-、7WESTは緑のパーカーみたいな衣装(24魂の時みたいにがきぺいちゃんの衣装を誰かが着てね)でジコロイズムでお願いしたいですね。私はね。

ただ、みんな絶対ばどのV.I.P.とハートのマーク、7WESTのジゴロイズムは見たいから!!!

ドームでみんなでシャンパン持って乾杯したいし、ジコロイズム踊りたいから!!!

淳太くんよろしく!!!!!!!

 

こんな事を言っても許されるようになるなんて、ジャニストがデビューした当時くらいの私は夢にも思ってなかったな。

ほんと今回の24魂は、ジャニストの歴史に深く刻まれるものになったと思いますね。

 

24魂円盤のちゃんとした感想は別で書きたい

 

 

 

以上、24から感謝以上のものを届けられて、ジャニストを信じてきて心から良かったと思うジャス民でした。

これからもずっとよろしくお願いします。

 

おーるまいらぶ

 

アクセスして頂きありがとうございます。

 

 

今私の感情がぐっちゃぐちゃなのでとりあえず書き留めるだけのブログです。

 

 

明日は24魂のフラゲ日だ。

待ちに待ったというよりは、あっという間だったなぁ

それこそコンサートの時は「これいつか円盤化するのかなーだとしたら1年後かな」とか思ってたけど、明日だよ。早いね。

 

そっかージャニストでの初大阪遠征は約半年前なのか

 

出発の時間まだかなーなんて言いながら作った赤のリボン付き髪ゴムとか懐かしい

大阪着いてもグッズ買ってジャニショ行って京セラ戻って終わりだったけど()

荷物が多過ぎて係員に変な目で見られたりしたな(良い子は真似しないでね)(ちゃんと自分の席に置ける程度だよ)

 

今考えたら、2階席で良かったなぁって思います。本当に。

あのドームならではのペンラの海がジャニストの為だけに作られたものなんだって思いながら見てました。

メンバーは遠くても天井のパリピポくんは近かったよw

勿論近いに越したことはないけど、でもジャニストのFCが発足して、自分の名義でとったチケットがあって、それで初ドームコンサートのあの瞬間に立ち会えるって奇跡だよね。

 

 

そうそう、「祝ドーム」って書かれたうちわ持ってたんだけど、席がフロートの出発地点あたりの2階だったのに淳太くんちゃんと見てくれましたよ

たまたま1列目だったからかもしれないけど、ちゃんと2階も見てくれてるんやなって思いました。さいこー。今後も継続してほしいですね。

 

あととにかく24魂のセトリが最高すぎて最高、1周まわっても2周回っても世界が滅びるまで回っても()最高だと私は思います。強いて言うなら、バンバンのしげの最初のパートを聞きたかったぐらい。

だってさ、1発目と同じでええじゃないかから始まっていつもみたいに盛り上がるメドレーやった後に、格好良いメドレーみたいなさ

しげは「俺らが今までやってきたことは通用するのか試したかった」って言ってたけどまさにそんな感じ、ちゃんと通用してました。

淳太くんは1曲目は100ラブが良いって言ってたみたいだけど、これまた分かりすぎる。俺らの100%の愛を受け取って~~~みたいな意味でしょ、しかもええじゃないかは1発目でやってるんだからみたいなね、分かる

ただ、私は思った。1発目も24魂も入ってる人って意外と少ないんじゃね!?と。だってさ、1発目って横アリ城ホ各2~3公演程度でしょ?しかも多ステ勢いるだろうし、横アリ入った人はどっちかは遠征しなきゃいけないわけだから両方入った人はまあまあ少ないよね。私はドーム行った人が100000人いたら多分30000人ぐらいだと思ってる。勝手にね。

格好良いメドレーでSCARS歌ってくれる辺り分かってるよな~~~しかもキャンストとか当分の間聞いてなかったから、初めてジャニストが横アリに立ったあのイベントを思い出したよ。

あの時から2年経ったのか...めちゃくちゃ成長したなぁ...とか。私ってほんと懐古するの好きですよね。

あとたまたまSCARS流れたので聞いてるんですけどこれクリスマス/クリスマスイヴに生で聴いて失神しなかったみんな強い、ジャス民強い

 

まあ言わずともJr.時代コーナーを提案した淳太くんは一生崇めるよね。まじ天才だと思う。今やって良かった。そして円盤化することによって後世に継げるのでね。ええ。

これからジャス民になった子達には絶対24魂見て!って言うよね。あとなにともの中間ん家wあれは譲れない

そーそー、Jr.時代コーナーの個人的に好きなところがね、あの始まるまでの液晶に流れたムービーなのよ。いきなり関ジュ時代のを流すんじゃなくてデビュー当時のから流すの最高。しかもだんだん古くなっていくとか涙腺崩壊~これ書いてるの電車内なんですけど震えたよねあはは

 

あと!!!!これだけは言い残してはならない!!!

挨拶の時、BGMがRainbow Dreamなの!!!!!

余計に泣いてまうから!!!

 

そしてそれからのAll My Loveの最初が「遠くに離れて気が付いたんや」 だから感情ぐっちゃぐちゃだよ

 

 

あとね、私ボクらの演出大好き芸人なんで。多分身内では一番愛してるというか、そもそもあの演出に気づかなかった人もいるみたいで...

円盤化したらみんな見てね。以上、天体大好き芸人でした。

 

あ、明日が待ちきれなくてラキセ見始めたよ

おしげちゃんの前髪が欲しい。

このときは2曲目がええじゃないかなんだね

だからか分からんが、なうぇすと魂は格好良くて痺れるぜ cv.おじいちゃん(桐山照史)

 

 

早く明日になってくれ~~~~~~~

 

 

以上、ご覧いただきありがとうございました。

 

聖なる夜の奇跡

 

アクセスして頂きありがとうございます。

 

ずっとこのことについて書いてみたかったので、円盤化記念に書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーー 気付けば私は、京セラドームの椅子に座っていた。

 

 

 

 

 

あれは9月半ばの事だろうか。

私がふと見た携帯には『ジャニーズWEST 1st ドームLIVE』という文字があった。

 

嬉しかった。

クリぼっちな私にクリスマスの予定が...!といったマイナスな感情はほとんどなく、ただ嬉しかった。

本当に嬉しかった。

 

ジャニストがこんなにも早くドームに立つとは思ってもいなかったから、正直、半信半疑だった。

でも、何故かそんな事を考えるよりも先に交通手段を探していた。まだチケットの振り込みすらしてないのに。自分で言うのもあれだが、私にしては珍しく早とちりし過ぎた。

 

そこから私はジャニストの初ドームコンサートの事しか考えられなくなった。 

ジャニストの顔を思い浮かべるだけでその事が頭をよぎり、その度に色々考えた。本当に考えた。自分の事のように考えた。

 

色々考えて、逆に何も考えられなくなった。

 

だが、これだけはずっと考えていた。

「絶対に初日に京セラドームに行く。そして、ジャニストがドームに立つ瞬間を見る。」

私にとって関ジュ時代から応援していてデビューしたグループは初めてだったから、成長は必ず見届けたいという想いがあったのかもしれない。

 

 

それから私は初めてネットで当落を見て、青封筒を開けて、ついに京セラドームに辿り着いた。

 

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

京セラドームの景色は驚く程眩しかった。

 

私は語彙力と記憶力が乏しいが、何とか言葉に表してみる。

2階スタンドでステージを真横から見る形の端の席だったが、それでも京セラドームの景色は輝いて見えた。

私が初めてジャニの現場に足を踏み入れたのと同じ感覚で、ステージが見えただけで涙が零れそうだった。というか、もう既に零れていたかもしれない。

 

そこで私はふと思い出した。

「今日はここに泣きに来たのだ」と。

実際に私のスタイルは首にはタオル、顔はノーメイク、レポ用のメモなど持ってない...今考えても、よくこんな格好でコンサートに行けたと思う。

 

そんなこんなで、(確か)goWESTが流れていた会場にはペンライトの光がぽつぽつとつき始めていた。

初めは一部の人だけがBGMに合わせて振っているだけだったが、それが段々と広がっていった。

でも放送がかかれば静かに放送を聞くなど、ジャス民は流石だと思った。

 

きっと開演直前の事だっただろう、ええじゃないかの「もう1回!」というかけ声がドームに響いたその時、私は泣いた。

ジャニストはまだステージに立っていないのに泣いた。

 ...コンサート前だからなのか?いや、そんなことはない。

私が今までに聞いたかけ声の中でも、特別な何かを感じたのだろう。素晴らしかったな。

 

 

そうこうしているうちにオープニング映像が流れ、幕が降りようとしていた。

 

 

ついにこの時が来た。

 

私が心から待ち望んでいたこの時が。

 

 

その瞬間、ジャニーズWEST 1st ドームLIVEの幕が上がる瞬間、私は確かに京セラドームにいた。

そして、ジャニストがドームに立つ瞬間を見ていた。

 

 

これだけでも嬉しくて、涙で視界が揺れていた。

(実はその涙で若干見えなかったと後悔している。)

でも、そんな涙など一瞬で消えた。

 

それはジャニストの笑顔が光り輝いていたからだ。

 

ジャニストのあの笑顔は、“宇宙一の笑顔”だと言っても過言ではないと思う。

ドームに立つ意気込みが詰まった顔にドーム中に綺麗に7色に輝くペンライトの景色に驚いた顔、そして何より、自信と達成感に満ち溢れた顔。

本当に素敵だった。

私のここまでの苦労もその笑顔にかき消され、1ミリも残っていなかった。

 

そんな顔で放った「ええじゃないかー!!」という声は、ジャニストとジャス民で創り上げた最高のものだった。もちろん私も大声で叫んだ。

そんな声は、京セラドーム中に染み渡るように広がった。

ジャニストとジャス民で「ついにドームに立ってやったぞ」と言わんばかりの勢いだった。

 

それからの記憶は本当にない。

 

ただひたすら泣いて、泣いて、叫んで、泣いた記憶しかない。

 

だから、ネットで見つけたセトリと共に、私の脳に微かに残っているであろう記憶を掘り起こしてみる。

レポは見ずに、セトリだけで思い出してみようと思う。

(要はこれ以降は完全に主観のレポになります。) 

 

 

 

まず、シングルメドレーみたいなの。

 

曲はいつも通りなのに、何かが違った。

ドームで距離が遠かったからかな。

でも、嬉しくて嬉しくて嬉しかった。楽しかったし、嬉しかった。

 

ジャニストは遠いけど、もちろん全力で踊った   ーーー

 

 

が、その時!

私は見つけてしまった。

(確か)センターステージで元気に踊っている1人の関ジュを。

今日は例え関ジュがいたとしてもジャニストだけを見ようと決めていたのに、どうしても視線を向けてしまった。

そんな彼のダンスはとてもしゃかりきで、フレッシュさが溢れていた。

私は彼を応援したいとまで考えてしまった。

彼を応援している人は絶対に幸せ者だな...とさえ思っていた。

 

 

思わず双眼鏡を構え、顔を見た。

 

 

 

 

 

 

 

ーーー   道枝駿佑くんだった。

 

 

その時の私の心情ったらもう大変。

へぇ!!!?みっちーいたの!!!??ってか、待って、私って生でみっちー見るの初!????ふぉ!?応援したいとか応援してる人羨ましいとかそういうレベルじゃなくて私応援してるじゃん!?!?は~?????私天才かよ、みっちーかわゆ神だわクリスマスイヴに初めて見られるとは~~~初めまして〇〇です~こんばんは~~~あの入所前からずっと応援してます~~~今日ははるばる関東からあなたの先輩方を見に来たんですけどあなたが素敵過ぎて~~~...

 

彼は絶対に売れると確信した。

 

 

それからこのメドレー中は双眼鏡でずっと彼を追っていた。

 

それまではまいジャニでしか見たことがなかったから、「あ、この子は追っかけしても楽しそうだ」と思った。

キレッキレのダンスとキラキラな笑顔、ありふれたフレッシュさ。

 

ハマったな。

 

 

 

そんなこんなでシングルメドレーが終わり、挨拶。

 

申し訳ないけど、ここでの挨拶は正直ほぼ覚えてない。

でも「京セラドーーーム!!!」って言ってたジャニストを見て泣いた。

夢を叶えた人間はこんなにも美しいのだと悟った。

 

 

次はSCARS、キャンスト、Criminal。

 

以前コンサートで聞いた曲達だけど、ドームで聞くと違った。

かっこ良かった~。

キャンストの囁き声とかたまらんかったわ。

後、個人的にCriminalが好きなので今後も継続して歌ってほしい。特に前奏が好き。気分が上がる。

 

 

 

 

 

 

ここでモニターに、デビューした時にあべのハルカスの屋上で歌ったええじゃないかの映像が映った。

 

その瞬間、この日一番の声を出したと思う。

 

 

まさかドームであの映像を見ることになるとは夢にも見てなかった。

 

 

小雨の中あべのハルカスの屋上で踊ったええじゃないか、

会議室で行った会見、、

「7人でてっぺんとったるで!」と宣言したあの日

ジャニーズWESTがメジャーデビューしたあの日が、フラッシュバックしてきた。

 

約2年半前が今の事のように思えてきた。

 

 

そして私は勝手にデビューから今までを振り返るのだと思っていたその時

 

 

 

 

画面には関ジュ時代の画像が映ったのだ。

 

たしか、新しいのから古いのへと流れていったと思う。

この映像を企画した方と作った方には一生感謝しても感謝しきれない。

 

 

私はジャニストの革命の目撃者となった気がした。

 

 

 

 

あ、分かった。シルエット歌うんでしょ。

 

なんて思ったのもつかの間、

 

ステージには青の衣装を着たばどの姿が。

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

これって夢?だとしたらどこからが夢?

 

 

そんなことなかった。

現実だった。

 

もう、あの時のドームは凄かった。

ばど担も涙。

ばど担じゃない私も涙。

みんな涙。

 

それこそ、ジャス民の涙でレインボウができそうだった。

 

 

京セラドームに響く2人の声。

モニターに映る2人の顔。

向かい合って歌う2人の姿。

 

 

 

そして、45002人でかけた大きな虹。

 

 

 

衣装が衣装だったから、関ジュ時代と重なる部分もあった。

でも、全てが完璧でちょっぴり大人なところは今のばどだった。

 

あ~~~

ばどって関ジュ時代怖いイメージしかなかったのに、あんなにヤンキーみたいだったのに...良い成長だヽ(;▽;)ノ

 

 

 

 

そして現れた濵ちゃん。

 

ドームが紫色一色に染まった景色は、今でも鮮明に覚えている。

 

ばどははけるのかな~なんて思ってたけどバックについてて(泣)

 

濵田崇裕 with B.A.D.

 

「もし知ってる人がいたら踊って下さい」みたいに言ってたけどみんな踊ってたよ、濵ちゃん。

 

 

そしてこの時、私は察した。

 

次...7WESTじゃん...

 

 

 

そして7WESTは、本当に出てきた。

 

あのオレンジ衣装を身に纏い京セラドームのステージに立つしげは、何かを決断したような雰囲気だった。

 

きっと、元7WESTの3人の事が頭に浮かんだのだと思う。

 

それは私も同じだった。

だって、慎平は紛れもなく私の元担だから。

 

なんとな~くだけど、うっっっすらだけど、その2人のことが頭から離れなかった。

後々聞いた話だが、あの衣装はそれぞれがそれぞれの衣装を着てたんじゃなくて、ちゃんと2人のも着てたんだと。だからかね。

 

2人がどこかで見守ってる気がしたよ。

 

 

 

 

とてもグダグダなままですが...

ちょっと書く気力がなくなったのでここで終わり。

気が向いたら書きますね。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

神聖なものが汚れること

 

アクセスして頂きありがとうございます。

壮大なネタバレですので、ネタバレが嫌な方は避けて頂くことをお勧めします。

 

 

 

興奮のあまり、文を書く手が止まりません。

 

...こういうとハリーは怒るのかな、なんて考えてしまいます。

まるで私の知り合いにハリーがいるかのように。

でもきっと、ハリーは怒る。

少なくとも私の中のハリーは怒る。

「フリックで文を打ってるだけで、なにが文を書いているだ。手で文を書いていなければ、それは文を書いているとは言えない。」なんてね。

 

 

さて、私は舞台『Defiled』を観劇しました。

後にも先にも一度きりですが。

それはそれは素晴らしい雰囲気で、まるで私はハリーとブライアンがいる図書館の本になった気分でした。

だからハリーと一緒に焼き尽くされたかったなぁ...とか思ったりもしています。

 

 

緊迫の中とはいえ、正直あれ程のクオリティーを見せられるとは思ってもいませんでした。

マイクやセット転換なしだからこその臨場感にとっつーの鬼気迫る演技と勝村さんの大人な演技。

脚本・演出・役者・衣装・セットの全てが完璧でした。

 

 

劇は、とっつーが爆弾を仕掛けるところから始まります。

その時から普段とは違う目つきや動作に心を掴まれました。

何かを思い立ったように突然走ったり、深呼吸をしたり。

落ちた爆弾を大事に抱える姿が特に印象的でした。

まるで本棚のあちこちに仕掛けられた爆弾ひとつひとつに命が宿っているような気さえしました。

ハリーはそれだけあの爆弾達に自分を託していたのだと思います。

 

その後ブライアンが現れても納得することはなく、必死にカード目録を守ろうとする姿が印象的でした。

読書家なとっつーだからこそ、あのハリーの狂った愛を表現できたのではないでしょうか。

とっつーは「ハリーの心情が理解できない」と言っていましたが、私には理解できているように見えました。

ハリーという役を、とっつーは完璧に演じきっていました。

 

 

私はそんなとっつーをどこか知っているような気がしました。

世界を正面から否定しどこか孤独に生きている人間...。

 

答えはすぐに分かりました。

伊坂幸太郎さんの作品『重力ピエロ』の春でした。

この作品はパンフレットでとっつーが挙げていますが、まさかそこのリンクがあるとは思ってもいませんでした。

私はたまたま観劇前まで読んでいたので、まるで小説が実写化したかのような謎の高揚感がありました。

 

というのも、『Defiled』は『重力ピエロ』でいう 春が決着をつける為に向かった学校のシーン にとても似ていたのです。

自分の今までの恨み辛みを全て晴らそうとする主人公と、それを説得しようとする不思議な力。

どちらも最終的には主人公の思い通りになるわけですが、そこに至るまでの道筋で重なっている部分が多くありました。

とっつーはこの作品を読んでいたからこそ、ハリーの心情を理解することができたのだと思います。

 

 

又、私が特に好きだったのはラストのシーンです。

自担の前で恐怖症(?)が発症してしまう事を恐れ、事前に大まかなレポには目を通していました。

そのレポで知ったものというのも、ほぼ「ラスト10分は心して見た方がいい」ことだけでしたが。

だから一層気合いを入れてラストのシーンを見ました。

 

ところが、ハリーとブライアンは和解して図書館の外に出るではありませんか。

ハリーはきっと大勢のメディアの前で自殺するのだと思いました。

でも、そんなことを考えていた次の瞬間、予想外の展開が待ち構えていました。

 

大声で怒鳴るブライアンの声と、ガタガタと鳴るドアの音が会場に響いたのです。

 

 

...そして、ハリーが再び図書館の中に戻ってきました。

 

まさかの展開で

私は本と共にハリーも爆発するのかと思いました。

 

その後ハリーがスイッチに手をかけた瞬間、客席には、1ミリも動かないような緊迫した空気が流れました。

演者と観客が一つになるとはこの事だと思わせる空間でした。

 

でも、ハリーがスイッチを押しても爆弾は爆破しなかったのです。

 

まさかですよ、まさか。

 

図書館の中に戻ってくるだけでもサプライズのような感じだったのに、更にここまで仕掛けるのかと。

 

気付けば私はハリーの虜でした。

 

 

私がそんな事を思っていたとき、突然銃弾の飛ぶ音がしました。

 

そして、ハリーの胸は赤く染まっていたのです。

 

私は急な展開に驚くと同時に、その後のとっつーの演技力に感激しました。

とっつーは本当に素晴らしい舞台役者だと、改めて思いました。

 

しかし、そんな感情に浸っていられるのもつかの間でした。

 

 

本に全てを賭けてきた人生に終止符を打たれそうなハリーが必死に自分と戦った末、滑らせるように投げたリモコン。

ハリーの手から離れたそのリモコンが、ハリーの人生の全てであったこの図書館、そしてこの本達とカード目録を確かに消したのです。

 

 

その演出がまあ“私好み”といいますか、心からこの舞台を観に来て良かったと思えました。

 

 

だからこそ、どの雑誌を見てもそのシーンの画像がないのが本当に残念です。

規制がかかってたりします?

...そんなことはないとは思いますが、カメラマンさんだってカメラのレンズ越しとはいえ舞台を見ているはずですから、あの最後の数秒の良さを体感しているのではないでしょうか。

関係媒体の方、お願いだから載せてください。

暗くて顔がよく見えないとかあると思いますが、私はそれでも記録として残すべきだと思います。

ここが好きなのは私だけじゃないはずです。

 

 

 

まとめると、とっつーの本気の演技は本当に素晴らしいので、全人類が見るべきだと思いました。

 

 

ただ、私は何度も変な幻覚を見たので(初めて)、相当気を付けた方が良いと思いますよ...

なにせあの顔面が目の前にあるんですから。

 

 

 

 

 

長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

私にも番が来た。

 

 

2017年4月27日(木)

 

 

私は昨日放送された『母になる』を見ていました。

特に何も考えずに、ただ見ていました。

今回も良い話だと思っていた感じです。

 

 

全てが見終わりTwitterに戻ると、

そこには私の担当のTwitterアカウントがありました。

 

 

 

 

 

関西ジャニーズJr. 吉野伊織くんのアカウントです。

※「よし」の漢字ですが、私のキーボードには下の横棒が長い字体はなかったので、全て「吉」となっております。ご了承ください。

 

 

 

 

私は今の気持ちを上手く表現することはできません。

 

 

でもなんというか、これで良かったんだと思います。

最近はなりすましアカウントが多いので半信半疑ではありますが、私はこれが現実だと受け止めることにしました。

しばらくは松竹座でのコンサートにも出演しておらず、雑誌にも載っていなかった為、それなりの覚悟はしていましたし。

 

 

あれから小1時間経った今でも、その思考が変わることはありません。

 

ですが、次々と有名なJr.が退所していく流れがあるのにも関わらず、私はそういったことを他人事だと思っている部分もあったように思います。

ああ、私は何て馬鹿なんだ。

もっと真剣に考えておけば良かったです。

 

 

 

...私が吉野伊織くんに出会ったのは、伊織くんがAぇ少年だった頃だと思います。

 

たまたま手に取った雑誌に載っていた、可愛げに微笑む伊織くんに一目惚れした記憶があります。 

 

そこからは毎月載るかドキドキしていた雑誌やshow timeで少しでも映るか目を凝らしていたまいジャニ、年に1回の少クラを見て、彼の成長を陰で応援していました。

 

 

松竹は、ですか?

 

私は残念ながら財力がなかった為、一度も足を運んだことはありません。

お金を使ったというのも、友人に代行を頼んだ松竹のグッズやジャニショの写真を買う程度でした。

 

 

しかし、伊織くんが関ジュとしての活動と学業との両立を陰ながら応援することが、本当に楽しかったんです。

 

私は元気だった学生時代に部活で外周を走っている時、脇にテニスコートが見えたんです。

そのテニスコートを眺めながら「伊織くんもこうして部活に勤しんでいるのかな」なんて想像するのが私の青春でした。

 

他にも、勉強が嫌になったら「伊織くんも勉強しているんだから私も頑張らないと。」と悟ったりするのが一番好きな時間だったように思います。

ただでさえ忙しい学校生活に加えて関ジュとしての活動もこなしていた伊織くんを、私は心から尊敬しています。

 

 

 

そう、私は吉野担として過ごした数年間、一度もこの目で吉野伊織くんを見ることはありませんでした。

 

せめて一度でいいから見てみたかったです。

 

今年からは何とかすれば行けるので、今年の夏か冬には初めてお邪魔しようと思っていた松竹座でのコンサート。

もし行ったとしても、そこに伊織くんの姿はないんですよね。

 

私は「伊織」と書かれたうちわを伊織くんの前で持つことが、人生で一度も許されないという現実から逃げたいです。

 

でも、ここで逃げてしまっては負けだと思っています。

 

だから今後はこの数年間を噛み締めながら、伊織くんの第二の人生を応援することにしました。

 

 

これで悔いはありません。

だって、伊織担として過ごしていて楽しくない日なんて1日もなかったから。

 

 

 

 

 

 

吉野伊織くん、本当にお疲れ様でした。

 

そして

 

今まで本当にありがとうございました。

 

 

 

伊織くんの人生に幸あれ。

 

じゃにーずおたく自己紹介やってみた

 

アクセスして頂きありがとうございます。

 

 

便乗してみました!

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん


【名前】


しろな

 

【今の担当は?(複数可)】


名前:大倉忠義

好きなところ:まじでカビゴンなんですよ。食っちゃ寝食っちゃ寝の生活してるもんで、背は高いし良い感じの脂肪もついてるし、、ほんとよく成長しました。同グループの横山・丸山と豚育組とか組まされてたけど。そんな彼の笑い方は素晴らしい。イメージ的には甲高いアッハッハッハッって声を出しながら大きな身体で暴れてる感じ。でも、その笑顔がまた素敵。本当に幸せになれます。話は変わりますが、実は彼、一番最後に関ジャニ∞に加入したんです。加入する為に必死にドラムを練習して。小さい頃から努力家。最近テレビ番組とかでオカマって言われてるけど、ずっと前から知ってました。(笑)しかし、たまに見せるカッコいい一面にもやられます。特にドラム叩いてる時。ドラム叩きながら歌ってるところとか本当に死にそうになります...そんな可愛くてカッコよくて面白いところですかね。

担当になったきっかけ:正直よく覚えていません。昔流れていた無責任ヒーローや急☆上☆show!!・GIFTのCMは好きだったし、コンサートに行く前からDVDは見てたし。。自然に、ですかね。


名前:佐藤勝利

好きなところ:彼のソロコンサート。好きな先輩の曲が多く、夏だからほぼほぼ夏の歌で構成されているところとか。ちゃんと考えてあるんだけど、まだ少年らしいところですかね。今も好きだけど、どちらかというとデビューからの3年間ぐらいが一番好き。セクチャンのぼっち感が大好きだったからかな。そして、顔面人間国宝だと思ってたら本人が言ってしまった。自覚してるのかい!って思ったけど、あんな顔だったら思うわ。そんなところとかも。奇行とか適当感最高。

担当になったきっかけ:デビューイベ。参加はしてないものの、WSで取り上げられているのを見て。なぜか個人的には後ろにあったエスカレーターが印象的。その後5人で椅子に座ってインタビューに答えているところとかも。


名前:戸塚祥太

好きなところ:あんなに美しいのに奇行王子なところ。Jr.歴が長いこともあり歌もダンスも演技も完璧。全てにおいて完璧。歌はあの声かな。コンサートだと危ない時もあるけど、基本外さないし甘い感じとか。ダンスはあの腰が低いところ(?)とかターンとか。指先まで伸びてるところとかね。とにかく素敵。演技は見れば分かる。彼の演技を見て泣かない者などいないと勝手に思ってます。特に戦争ものとの相性バッチリ。舞台との相性もバッチリ。あとは何と言っても猫髭スマイル。心がキューっと締め付けられます。私服も素敵。凄く似合ってる。髪型とバンダナも。
...とにかくプロ意識が高い。楽屋に来客用の椅子があるところとか。見るだけで私も頑張ろうと思えます。

担当になったきっかけ:去年の早夏魂。他のグループのコンサートはコンサート後に必ず現実を気にしてしまうが、A.B.C-Zのコンサートはそうではなかった。あの圧倒的な構成のスキルの素晴らしさにやられました。


名前:重岡大毅

好きなところ:だいきゃんスマイル。歯がいーっぱい見えてえくぼも見えて幸せ。表では他のメンバーをいじってばかりいるけど、裏では超真面目。そんなスイッチの切り替えができるところとか。私は人にちょっかいを出すようなタイプではないので、私がやりたいことを全てやってくれるような少年らしいところも。たまに見るカッコいいところも好き。だから溺れるナイフは本当に私が溺れてしまうのではないかと心配。はい、とにかく私の太陽です。

担当になったきっかけ:関ジュ魂のレポを見て存在を知ったかな。カウコンでのデビュー発表→増員とか、そういうエピソードも大きいかもしれない。でも、一番は私の誕生日になにともに参戦し、ちゃんと目を見ておめでとうと言ってくれたこと。一生ついていこうと決めました。


名前:岩橋玄樹

好きなところ:お餅みたいなところ。あの左右で全く違う可愛らしい顔・背が低い・良い感じにお肉がついているところとかたまらない。特にお尻とか良い。食べたい。でも、野球少年だった一面とかアメリカが好きでグローバルなところとか意外と男らしくて良い。まじで結婚したい。やっぱり一番は引きこもりだったところかな。中学校時代の引きこもりからの成り上がりは相当だと思う。人一倍努力したから今ああやって輝けているのだと。特にダンスとか分かりやすい。本当に成長したと思う。努力家で小悪魔もちたんなところですかね。

担当になったきっかけ:幽かな彼女で気になり始めた。ジャニワで必死に水太鼓を叩く姿を見て完全に堕ちました。

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】


幼稚園児だった時。理由は先生がジャニヲタ(アラシック)だったから。いつもお昼の時間に嵐の曲を流してたのとか、授業で嵐の曲を使っていたのとかが大きかったと思います。

 

【担当遍歴】


櫻井翔山田涼介→☆大倉忠義小山慶一郎→☆佐藤勝利→☆岩橋玄樹→☆重岡大毅平野紫耀→☆戸塚祥太
(☆:現在掛け持ち中)
掛け持ちしてなくても、機会があればコンサートには足を運びます。

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】


倉安(関ジャニ∞)

身長の差は凄いあるけど、2人が揃った時の天使感には絶対に誰も勝てません。十祭でパンぱんだをやってくれた時は本当に喉が飛んでいくのではないかというぐらい絶叫しました。それぐらい、いや、それ以上に大好きです。死ぬまでに1回でもいいので2人がキスしてるところを見たいです。

 

【1番心に残ってる現場】


ジャニストのなにとも。ジャス民人生での一生の思い出。

 

【初めて行った現場】


関ジャニ∞のJUKE BOX

 

【最近行った現場】


少年収

 

【次行く現場】


えび座

 

【記憶に残ってるファンサ】


一昨年くらいにお台場でやったセクゾのイベにて。平野くんが起こした、ほんの数秒の奇跡でした。

 

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】


1位:All is well(関ジャニ∞)

確か、初めて行ったコンサートの本編の最後に歌った曲。メンバーが作詞したこともあり、アルバム聞いて本当に良い曲だな~とは思っていたが、今程ジャニーズに熱心じゃなかったからそこまで気にしていなかった。しかし、コンサートでこの曲を聞いたらそんな程度ではなく、もう大号泣せざるを得なかった。その後も少プレとかで見てより想いが強くなったなぁ。初めてのジャニーズのコンサートで聞いたってのが大きいかな。


2位:素晴らしき世界(嵐)

一番最初に知ったグループだし、ジャニヲタになるきっかけが嵐だったこともあるから。親友とアラフェスのグッズ列に並んでいる時、横の国立競技場でアラフェスが始まってしまった。そのコンサートは現在の国立競技場では最後のコンサートと言われていて、私達は全滅してしまったものの後輩は当たって参戦していたのだ。本当に辛くて、泣きながらグッズを購入していたと思う。そんな状況で国立競技場の外から聞いたこの曲は一生忘れる事はないだろう。でも、この曲を聞くと何か元気が出る。いつか国立競技場で聞きたい。


3位:ボクラ〜LOVE&PEACE〜(A.B.C-Z)

世界平和の象徴。

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】


1位:Vanilla

ヲタも踊れるのに美しい。完璧。

 

2位:Crazy about you

サビが一番良い。触れたいその唇にの足で蹴るところとか。曲と動きが合ってる。

 

3位:ボクラ〜LOVE&PEACE〜

何回も言うけど世界平和。今ぼくらのここで何ができるの呟いてたlove&peaceささやかなlove&peaceのはっしー→+塚五→+郁凸(全員)って前に進むところとか、最後の右から胸に手を当てて全員揃えてお辞儀をするところとか。

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】


〇五関様のソロ全般

〇リアデラ

〇アンダルシア

 

【1番好きなペンライト】


メリケンサック

 

【1番好きな衣装】


キャンジャニ∞のセーラー服

 

【よく買う雑誌】


$誌5種・テレビ誌やステスクなど

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】


えび座2015の2幕(SHOW TIME)

A.B.C-Z花言葉(通常版)に封入されています!是非!!

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】


何だろう?ポケモンとかかな?
幼稚園児で既にジャニヲタだったのでよく分かりません。

 

【最近気になっている子】


関西ジャニーズjr.の道枝駿佑くん。

入所時から好きです。将来は山田くんみたいな大スターになってほしいと日々念を送っております。(笑)

 

【最後に一言!】


最近、自担が20やら30やらでバタバタしてます。
でも本当に嬉しいし、改めてもう離れられない体になってしまったと思わされます。。(笑)

 

 

こういうのは久しぶりですが、楽しかったです✨(笑)

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。