記憶図鑑

気ままに更新。誤字脱字はスルーしてお読み下さい。

聖なる夜の奇跡

 

アクセスして頂きありがとうございます。

 

ずっとこのことについて書いてみたかったので、円盤化記念に書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーー 気付けば私は、京セラドームの椅子に座っていた。

 

 

 

 

 

あれは9月半ばの事だろうか。

私がふと見た携帯には『ジャニーズWEST 1st ドームLIVE』という文字があった。

 

嬉しかった。

クリぼっちな私にクリスマスの予定が...!といったマイナスな感情はほとんどなく、ただ嬉しかった。

本当に嬉しかった。

 

ジャニストがこんなにも早くドームに立つとは思ってもいなかったから、正直、半信半疑だった。

でも、何故かそんな事を考えるよりも先に交通手段を探していた。まだチケットの振り込みすらしてないのに。自分で言うのもあれだが、私にしては珍しく早とちりし過ぎた。

 

そこから私はジャニストの初ドームコンサートの事しか考えられなくなった。 

ジャニストの顔を思い浮かべるだけでその事が頭をよぎり、その度に色々考えた。本当に考えた。自分の事のように考えた。

 

色々考えて、逆に何も考えられなくなった。

 

だが、これだけはずっと考えていた。

「絶対に初日に京セラドームに行く。そして、ジャニストがドームに立つ瞬間を見る。」

私にとって関ジュ時代から応援していてデビューしたグループは初めてだったから、成長は必ず見届けたいという想いがあったのかもしれない。

 

 

それから私は初めてネットで当落を見て、青封筒を開けて、ついに京セラドームに辿り着いた。

 

 

 

 

ーーー

 

 

 

 

京セラドームの景色は驚く程眩しかった。

 

私は語彙力と記憶力が乏しいが、何とか言葉に表してみる。

2階スタンドでステージを真横から見る形の端の席だったが、それでも京セラドームの景色は輝いて見えた。

私が初めてジャニの現場に足を踏み入れたのと同じ感覚で、ステージが見えただけで涙が零れそうだった。というか、もう既に零れていたかもしれない。

 

そこで私はふと思い出した。

「今日はここに泣きに来たのだ」と。

実際に私のスタイルは首にはタオル、顔はノーメイク、レポ用のメモなど持ってない...今考えても、よくこんな格好でコンサートに行けたと思う。

 

そんなこんなで、(確か)goWESTが流れていた会場にはペンライトの光がぽつぽつとつき始めていた。

初めは一部の人だけがBGMに合わせて振っているだけだったが、それが段々と広がっていった。

でも放送がかかれば静かに放送を聞くなど、ジャス民は流石だと思った。

 

きっと開演直前の事だっただろう、ええじゃないかの「もう1回!」というかけ声がドームに響いたその時、私は泣いた。

ジャニストはまだステージに立っていないのに泣いた。

 ...コンサート前だからなのか?いや、そんなことはない。

私が今までに聞いたかけ声の中でも、特別な何かを感じたのだろう。素晴らしかったな。

 

 

そうこうしているうちにオープニング映像が流れ、幕が降りようとしていた。

 

 

ついにこの時が来た。

 

私が心から待ち望んでいたこの時が。

 

 

その瞬間、ジャニーズWEST 1st ドームLIVEの幕が上がる瞬間、私は確かに京セラドームにいた。

そして、ジャニストがドームに立つ瞬間を見ていた。

 

 

これだけでも嬉しくて、涙で視界が揺れていた。

(実はその涙で若干見えなかったと後悔している。)

でも、そんな涙など一瞬で消えた。

 

それはジャニストの笑顔が光り輝いていたからだ。

 

ジャニストのあの笑顔は、“宇宙一の笑顔”だと言っても過言ではないと思う。

ドームに立つ意気込みが詰まった顔にドーム中に綺麗に7色に輝くペンライトの景色に驚いた顔、そして何より、自信と達成感に満ち溢れた顔。

本当に素敵だった。

私のここまでの苦労もその笑顔にかき消され、1ミリも残っていなかった。

 

そんな顔で放った「ええじゃないかー!!」という声は、ジャニストとジャス民で創り上げた最高のものだった。もちろん私も大声で叫んだ。

そんな声は、京セラドーム中に染み渡るように広がった。

ジャニストとジャス民で「ついにドームに立ってやったぞ」と言わんばかりの勢いだった。

 

それからの記憶は本当にない。

 

ただひたすら泣いて、泣いて、叫んで、泣いた記憶しかない。

 

だから、ネットで見つけたセトリと共に、私の脳に微かに残っているであろう記憶を掘り起こしてみる。

レポは見ずに、セトリだけで思い出してみようと思う。

(要はこれ以降は完全に主観のレポになります。) 

 

 

 

まず、シングルメドレーみたいなの。

 

曲はいつも通りなのに、何かが違った。

ドームで距離が遠かったからかな。

でも、嬉しくて嬉しくて嬉しかった。楽しかったし、嬉しかった。

 

ジャニストは遠いけど、もちろん全力で踊った   ーーー

 

 

が、その時!

私は見つけてしまった。

(確か)センターステージで元気に踊っている1人の関ジュを。

今日は例え関ジュがいたとしてもジャニストだけを見ようと決めていたのに、どうしても視線を向けてしまった。

そんな彼のダンスはとてもしゃかりきで、フレッシュさが溢れていた。

私は彼を応援したいとまで考えてしまった。

彼を応援している人は絶対に幸せ者だな...とさえ思っていた。

 

 

思わず双眼鏡を構え、顔を見た。

 

 

 

 

 

 

 

ーーー   道枝駿佑くんだった。

 

 

その時の私の心情ったらもう大変。

へぇ!!!?みっちーいたの!!!??ってか、待って、私って生でみっちー見るの初!????ふぉ!?応援したいとか応援してる人羨ましいとかそういうレベルじゃなくて私応援してるじゃん!?!?は~?????私天才かよ、みっちーかわゆ神だわクリスマスイヴに初めて見られるとは~~~初めまして〇〇です~こんばんは~~~あの入所前からずっと応援してます~~~今日ははるばる関東からあなたの先輩方を見に来たんですけどあなたが素敵過ぎて~~~...

 

彼は絶対に売れると確信した。

 

 

それからこのメドレー中は双眼鏡でずっと彼を追っていた。

 

それまではまいジャニでしか見たことがなかったから、「あ、この子は追っかけしても楽しそうだ」と思った。

キレッキレのダンスとキラキラな笑顔、ありふれたフレッシュさ。

 

ハマったな。

 

 

 

そんなこんなでシングルメドレーが終わり、挨拶。

 

申し訳ないけど、ここでの挨拶は正直ほぼ覚えてない。

でも「京セラドーーーム!!!」って言ってたジャニストを見て泣いた。

夢を叶えた人間はこんなにも美しいのだと悟った。

 

 

次はSCARS、キャンスト、Criminal。

 

以前コンサートで聞いた曲達だけど、ドームで聞くと違った。

かっこ良かった~。

キャンストの囁き声とかたまらんかったわ。

後、個人的にCriminalが好きなので今後も継続して歌ってほしい。特に前奏が好き。気分が上がる。

 

 

 

 

 

 

ここでモニターに、デビューした時にあべのハルカスの屋上で歌ったええじゃないかの映像が映った。

 

その瞬間、この日一番の声を出したと思う。

 

 

まさかドームであの映像を見ることになるとは夢にも見てなかった。

 

 

小雨の中あべのハルカスの屋上で踊ったええじゃないか、

会議室で行った会見、、

「7人でてっぺんとったるで!」と宣言したあの日

ジャニーズWESTがメジャーデビューしたあの日が、フラッシュバックしてきた。

 

約2年半前が今の事のように思えてきた。

 

 

そして私は勝手にデビューから今までを振り返るのだと思っていたその時

 

 

 

 

画面には関ジュ時代の画像が映ったのだ。

 

たしか、新しいのから古いのへと流れていったと思う。

この映像を企画した方と作った方には一生感謝しても感謝しきれない。

 

 

私はジャニストの革命の目撃者となった気がした。

 

 

 

 

あ、分かった。シルエット歌うんでしょ。

 

なんて思ったのもつかの間、

 

ステージには青の衣装を着たばどの姿が。

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

これって夢?だとしたらどこからが夢?

 

 

そんなことなかった。

現実だった。

 

もう、あの時のドームは凄かった。

ばど担も涙。

ばど担じゃない私も涙。

みんな涙。

 

それこそ、ジャス民の涙でレインボウができそうだった。

 

 

京セラドームに響く2人の声。

モニターに映る2人の顔。

向かい合って歌う2人の姿。

 

 

 

そして、45002人でかけた大きな虹。

 

 

 

衣装が衣装だったから、関ジュ時代と重なる部分もあった。

でも、全てが完璧でちょっぴり大人なところは今のばどだった。

 

あ~~~

ばどって関ジュ時代怖いイメージしかなかったのに、あんなにヤンキーみたいだったのに...良い成長だヽ(;▽;)ノ

 

 

 

 

そして現れた濵ちゃん。

 

ドームが紫色一色に染まった景色は、今でも鮮明に覚えている。

 

ばどははけるのかな~なんて思ってたけどバックについてて(泣)

 

濵田崇裕 with B.A.D.

 

「もし知ってる人がいたら踊って下さい」みたいに言ってたけどみんな踊ってたよ、濵ちゃん。

 

 

そしてこの時、私は察した。

 

次...7WESTじゃん...

 

 

 

そして7WESTは、本当に出てきた。

 

あのオレンジ衣装を身に纏い京セラドームのステージに立つしげは、何かを決断したような雰囲気だった。

 

きっと、元7WESTの3人の事が頭に浮かんだのだと思う。

 

それは私も同じだった。

だって、慎平は紛れもなく私の元担だから。

 

なんとな~くだけど、うっっっすらだけど、その2人のことが頭から離れなかった。

後々聞いた話だが、あの衣装はそれぞれがそれぞれの衣装を着てたんじゃなくて、ちゃんと2人のも着てたんだと。だからかね。

 

2人がどこかで見守ってる気がしたよ。

 

 

 

 

とてもグダグダなままですが...

ちょっと書く気力がなくなったのでここで終わり。

気が向いたら書きますね。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。